向山喜章

1・8・88

Current
2021年12月1日- 12月28日
12:00 - 18:00

Yutaka Kikutake Galleryでは12月1日(水)から12月28日(火)まで、向山喜章による個展「1・8・88(いち・はち・はちはち)」を開催します。本展は、2019年から開催してきた「11・33」(2019年)、「22・22」(2020年)の2つの展覧会に続き、向山が作品の背景に据えてきた密教的宇宙観を伝える絵画作品による展覧会3部作のひとつとして開催されます。

 

アーティストとしてのキャリアのはじめワックスを素材にした作品で注目を集めた向山喜章(1968年大阪府生まれ、現在は東京を拠点に活動)は、2016年以降、アクリルメディウムとキャンバスを素材とした絵画作品に集中的に取り組んできました。色そのものを素材と捉え、キャンバスに染み込ませるようにして様々な色を幾層にも重ねて完成させるミニマルな絵画作品は、展示環境や時刻とともに様々な色相を見せる極めてユニークな作品として国内外で高い評価を得ています。ワックスの作品においては光をいかにしてその作品内部に留め置くのかを試み、キャンバスの作品においては光をいかにして生成するのかを試みてきましたが、全ての作品に通底するのは、光という根源的な存在態への絶え間ない探求であったといえるでしょう。

幼少期を日本有数の密教の伽藍が立ち並ぶ高野山で過ごし、周囲の静謐な環境やそこに存在する密教美術に触れてきた原体験があり、そして大工として寺院の手入れを行っていた祖父からクラフトマンシップを学んだという向山は、独学でその作品世界を切り開き、如何に己を消して制作に臨むのかということを追求しながら、変化を続ける世界の鏡面となるような作品を発表してきました。本展で発表される新作たちも、受け継がれたクラフトマンシップと信仰の姿を力強く伝えてくれるものです。

 

一芸の魂(ひかり)は  銀河一滴の祈り

天に月  地に灯明  満ち欠けのリズムはゆらぎながら  生と死を優しく照らす  

きらめく円環は  夢華やかに儚くも結ばれて
一か、八か  八十八か         

 

向山喜章

 

「一」には唯一の存在物、「八」には蓮の葉のようなシンメトリーの構造物、そして「八八」には四国八十八ヶ所霊場巡礼とその起点となる高野山の寺院というそれぞれの姿が寄せられています。

Kisho Mwkaiyama “88 no.1” 2021