Madoka Furuhashi "Narrativas del intercambio / Intercambio de narrativas"

Period: November 8 - December 23, 2018

Wednesday - Saturday, 11AM - 17PM

Appointment

Location: Instituto Alumnos

Paseo del Pedregal 610

Colonia Jardines del Pedregal, CDMX
Participating artist: Madoka Furuhashi, Hou I-Ting, Huang Po-Chih, Valentina Jager, Motos Ninja, Chantal Peñalosa, Yu Cheng-Ta

Curation: Vernacular Institute

Nerhol アーティスト・トーク

Sorry, this entry is only available in “Japanese”. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Nerholが現在参加しているNPO法人BEPPU PROJECTによるアーティスト・イン・レジデンスプログラム『KASHIMA』にて、中尾拓哉氏と共にアーティスト・トークが開催されます。

 

【Nerhol (ネルホル) アーティスト・トーク】

日時:11/17 (土)  13:00〜15:00

会場:葵荘 (別府市西野口町6−24)

入場無料/予約不要

ゲスト:中尾拓哉(美術評論家)

詳細はこちら

 

中尾拓哉

1981年生まれ。美術評論家。著書に『マルセル・デュシャンとチェス』(平凡社、2017年)。監訳書にマシュー・アフロン『デュシャン 人と作品』(フィラデルフィア美術館、2018年)。共著に『引込線2017』(引込線実行委員会、2018年)、『ストローブ=ユイレ――シネマの絶対に向けて』(森話社、2018年)。編著にS.O.S. Book 2018(Super Open Studio Network, 2018)。主な論考に“Reflections on the Go Board”(Gabriel Orozco, Visible Labor, Rat Hole Gallery Books, 2016)など。

 

KASHIMA 2018 BEPPU ARTIST IN RESIDENCE

Participating artist: Nerhol

More info

Kisho Mwkaiyama leuture at University of Nevada

Dates: October 15th, 2018

Location: UNLV Marjorie Barrick Museum of Art, Las Vegas, America

daikanyama photo fair 2018

Period: September 28 - 30, 2018
Location: Daikanyama Hillside Forum, Hillside Plaza
Participating artist: Madoka Furuhashi, Hirofumi Isoya, Nerhol

More info

Kisho Mwkaiyama "Artist Studio at Bellagio"

Period:August 2018-January 2019

Location:MGM RESORTS INTERNATIONAL

"Vendarta 100:Six Elements and the Seasons"

More info

Light over there

Period: June 16 - 24, 2018
Location: Iijimashouten, Kanagawa 
Participating artist: Reina Mikame

More info

YKG GW holidays

The gallery will be closing for GW holidays.

From April 29th to May 7th, 2018

VOCA 2018

Period: March 15 - 30, 2018
Location: The Ueno Mori Museum
Participating artist: Kouichi Tabata

More info

古橋まどか × 保坂健二朗 トークイベントのお知らせ

Sorry, this entry is only available in “Japanese”. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現在開催中の古橋まどか「Body Object Thing Matter」展の最終日に、古橋まどかと保坂健二朗氏によるトークイベントを開催いたします。ぜひご参加ください。

 

古橋まどか x 保坂健二朗 トークイベント

日時:2018年3月31日(土)※会期最終日 18:00-19:30

会場 Yutaka Kikutake Gallery

参加費 無料

※定員20名 / 要予約

 

保坂健二朗氏 プロフィール 
東京国立近代美術館主任研究員。1976年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。2000年より美術館に勤務。企画した主な展覧会に「建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳」(2008)、「エモーショナル・ドローイング」(2008)、「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」(2010)、「イケムラレイコ うつりゆくもの」(2011)、「フランシス・ベーコン展」(2013)、「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」(2014)、「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」(2016)、「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」(2017)など。「Logical Emotion: Contemporary Art from Japan」(2014、ハウス・コンストルクティヴ美術館他)、「The Japanese House: Architecture and Life after 1945」(2016、MAXXI国立21世紀美術館)など国外での企画も行う。主な著作に『アール・ブリュット アート 日本』(監修、平凡社、2013)など、『すばる』、『疾駆』、『SPUR』で連載を持つ。

 

【お申込み方法】

E mailにて、以下の情報を添えてお申し込み下さい。

①お名前
②電話番号
③参加希望人数

受付メールアドレス: info@ykggallery.com

定員に達した時点でお申込みを締め切らせていただきますので、ご了承ください。