Yutaka Kikutake Gallery

In July 2015, Yutaka Kikutake Gallery opened its doors in Roppongi, Tokyo. As modern art finds increasingly diverse modes of presentation, the gallery will serve to support artists who seek ever newer ways to express themselves, contributing to the growing heterogeneity. Together with both Japanese and visiting artists, we are planning a variety of exhibitions, ranging from painting, photography, sculpture, to film.

 

Yutaka Kikutake Galleryは、2015年7月に東京都港区六本木にて開廊しました。現代美術の表現形態が多様化し、美術が紡ぐ歴史の在り方も魅力を深めていくなか、さらに新しい表現を切り開くアーティストの活動をサポートすることを目的として運営されます。国内外のアーティストとともに、これからの時代を見据えた活動を展開していくために、様々な展覧会をプログラムしていきます。絵画、写真、彫刻、映像など、同時代に制作される作品を紹介し、展覧会と併せて、アーティストトークの開催や展覧会カタログ、アーティストブックの出版も行っていく予定です。