Kouichi Tabata

田幡浩一は1979年栃木県生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科を2004年に卒業。2006年に同大学の大学院美術研究科油画専攻を修了。2011年より公益財団法人吉野石膏美術振興財団在外研修助成、公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修助成などを得て、現在はベルリンを拠点に活動。主な個展に2016年「one way or another」(ギャラリー小柳、東京)、2015年「Scape」(大和日英基金、ロンドン)、2011年「trace of images」(ギャラリー小柳、東京)など。主なグループ展に2017年「Art meets04 田幡浩一/三宅沙織」(Arts Maebashi、群馬)、2015年「Drawing Biennial 2015」(Drawing Room、ロンドン)、2014年「Temporal Measures」(White Rainbow、ロンドン)、2013年 「THE ECHO –光の拡散−」(ケルン日本文化会館、ドイツ)、2006年 「Trial Balloons」(カスティーリャ・イ・レオン現代美術館、スペイン)、2005 「J’en rêve」(カルティエ現代美術財団、パリ)など。作品は、東京都現代美術館(東京)、トヨタ・アート・コレクション(愛知)、原美術館(東京)に収蔵されている。