Kouichi Tabata

田幡浩一は、1979年栃木県生まれ。2004年に東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業後、2006年に同大学大学院美術研究科油画専攻を修了。2011年より公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修助成などを得て、現在はベルリンを拠点に活動。

動的な要素を含む絵画作品や、絵画的制約をもって構成される映像作品などを制作。代表作に、ペンのインクがなくなるまで蜂を描き続け、それを素材に映像作品とした《bee》(2006年)、ひとつのモチーフを2つの支持体にまたがって描き、それを「ずらす」ことで完成されるドローイングと油彩作品によるシリーズ「one way or another」などがある。メディア間や支持体自体に存在する「ズレ」を通して、目の前にある対象が内包する多様な図像を丁寧に浮かび上がらせる。ひとつのものやその周辺の痕跡達を一つに収斂させることなく、同時に流れえた時間と空間におけるそれらの別の在り方や動きにつながる視座を提示する。

 

近年の主な個展に「マルメロと表裏」(2018年、Yutaka Kikutake Gallery、東京)、「one way or another」(2016年、ギャラリー小柳、東京)、「Scape」(2015年、大和日英基金、ロンドン)、「trace of images」(2011年、ギャラリー小柳、東京)など。

主なグループ展に「VOCA展2018 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」(2018年、上野の森美術館、東京)、「Art meets04 田幡浩一/三宅沙織」(2017年、Arts Maebashi、群馬)、「Drawing Biennial 2015」(2015年、Drawing Room、ロンドン)、「Temporal Measures」(2014年、White Rainbow、ロンドン)、「THE ECHO –光の拡散−」(2013年、ケルン日本文化会館、ドイツ)、「Trial Balloons」(2006年、カスティーリャ・イ・レオン現代美術館、スペイン)、「J’en rêve」(2005年、カルティエ現代美術財団、パリ)など。作品は、東京都現代美術館(東京)、トヨタ・アート・コレクション(愛知)、原美術館(東京)に収蔵されている。