Kisho Mwkaiyama

1968年大阪府生まれ、現在は東京を拠点に活動している。向山は幼少期を日本有数の密教の伽藍が立ち並ぶ高野山で過ごし、周囲の静謐な環境やそこに存在する仏教美術に触れてきた。その原体験は、向山が初期より一貫してモチーフとして扱ってきた光という根源的な存在態へと繋がっていく。代表作ともいえるワックスを用いた作品では、光に姿を与え固定化するような試みを続けてきた。様々な色相がワックスとともに固定化された作品は不可視の領域を可視化させるようで、美という概念そのものを問いにかけるようで、高い評価を得ている。近年ではワックス以外の素材を用いた作品を制作しており、その表現領域を拡大している。主なパブリックコレクションとして、森美術館、横浜美術館、軽井沢現代美術館などが挙げられる。